デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK] 語学

辞書ひきでよそ見&寄り道を楽しもう♪

投稿日:

図書館に行って気になったことを少し…。

このところ電子辞書はフツーに学生のツールになってるようです。

図書館に行くと紙の分厚い辞書じゃなく
可愛くストラップつけた電子辞書を前に置いて
勉強している学生ちゃんたちを見かけることもチラホラ。

がんばれー!ヽ(´▽`)/と思いつつ…
すごい時代だわ〜なんて思いつつ

なんだかなー
と思う自分がいるのは否めなかったりします。

若いウチは苦労して勉強したらいいって思ってるでしょ〜!!
これだからオバサン世代は…というのはおいといて…

 

確かに…
紙の辞書重たいから電子辞書は便利ですよね。

旅に行くときなんて、紙の重たいヤツなんて
持って行ってもかさばるし邪魔にしかならんし!
んなもん、持って行ってられっかー!!!っていうのもわかる。
まして昨今荷物の重量制限も厳しいってこともあって、ごもっともなお話。

 

でもですねー。
初歩の部分で勉強するにあたっては
私は紙の辞書のチカラって結構あるよーな気がしてるんですね。

 

ちなみに、このことは、すでにネット上でも
多少なりとも議論は展開されてたりします。

んー、だいたいこんな感じの議論が多いでしょーかね。

「紙の辞書が良い!」その理由とは?!
紙の辞書のほうが、用例などが詳しく書かれているから!!
その単語の熟語のみならず、
類語や反対語、参考にすべき関連性のある単語が載せられていて
他の単語との関係を理解しながら学ぶことが出来るのは紙の魅力!!

そしてこれに対しての反論…
「電子辞書が良い!」その理由とは?!
今は電子辞書も辞書も同じくらい詳しく書かれているし、
電子辞書のほうが整理されているし、検索も楽!
むしろ、こうなったら電子辞書の方が便利以外何者もないはずっ!

はーいっ!!ゴングっ!!カーン!!
(勝手に戦わせてすみません…σ(^_^;))

 

もちろんどっちにも利点があり
どちらの言うこともわかります。
そしてどちらも否定するつもりは私にはありません。

論点については
1つの単語についてより詳しく幅広く知るコトが出来るかどうか…
まぁ、それももちろん一つの考察ではあるとは思うんですが…

でも、私が紙の辞書がいいなーって思うことってもう一つあってですね。
(あくまでも私の思いですけど)

ついでがいっぱいある!

ってことです!!

 

えーっと、電子辞書の場合…
調べたい単語をダイレクトに調べることが出来るっていうのが利点です。
時短っていうことが、なんと言っても魅力ではあります。

ですが、それだけを調べるコトを優先させた機会なので
よそ見&寄り道が一切ないっていうのが長所で有り弱点でもある気がするんですね。

 

では、ここでっ!!
紙の辞書1ページ開いて見ると…

IMG_5876

どーん!!!
実にこれだけの単語が見れます。

本来調べる予定だった単語以外にも
目につくものがあるのかもしれないってことです。

もちろん、わざわざ見る必要はないんですよ。
いつもいつも何かが目につくわけじゃないけど
ひいてると、ふと、たまーーに気になる
自分のアンテナにひっかかってくる単語が出てくるってことです。

これは中辞典ですが、もっともっと初級の辞書なんて
(中学入ったくらいに私達は買わされてましたが今はどうなんかなー)
図が盛りだくさんで目につくものが案外多かったりします。
だから余計に目に飛び込んでくるモノが多い。
そうして…
自分がついででたまたま覚えていた単語が
後々に出てくることがあり…なんて場面に遭遇すると
調べる手間が省けて

おお!知ってる!ラッキーヽ(´▽`)/
あ、これこの間みたやつー!!!(喜)

なんてちょっと得したような気がするんですねー。

このついででたまたま覚えて知ってた!っていう
優越感にも似たようなプチ歓び
次にまた辞書を引いたとき
またおもしろい単語ないかなーって行動に繋がって行く。
遊び感覚で覚えていくことにも繋がって行く。

実はこの繰り返しって
少なくとも自分にとっては結構大きくて
よくどうやって英語を好きになったんですか?って聞かれることがあるんですが
私の場合は間違いなく、海外文通と辞書引きでした。
結構これで覚えていった余分な単語もあったけど(笑)。

だからこそ…思うんですねーー。
簡略化、効率化がすべていいのか?っていうと
勉強に於いてはそうとは限らないんじゃないかなぁって。

普段の生活においても「ついで」で始まるコト結構ある。
もちろん必要以上に無駄な寄り道は必要ないかもしれないけど

ブラブラ散歩しててたまたま見つける好みのお店があるように
これ気になる−!と思って買った雑誌の別記事惹かれてしまうことがあるように

そのちょっとしたゆとりとゆるさって大事じゃないかな。
ゆとり教育ってなんか思うところいっぱいだったけど、
こういう意味の違うゆとりを教えてあげたらよかったのにって自分的には思ったりする。

寄り道出来る、よそ見出来るちょっとしたゆとり
気持ち余裕のあるゆとりっていうかね^^。

そういう気持ちがあると
お勉強楽しいものにならないかなーって思ったりします。

そもそもひくのがめんどくせーって話しもありますが、
手間がかかることって、確かにめんどくさいんだけど、
めんどくさいからこそ、
どうやったらその手間少しでも楽にできるんだろう?…って
自分で工夫する知恵をつけようとするとも思います。

私なんてめんどくさがりの最たるものだから
ホントどうやったら速く辞書引き出来るかひたすら考えてました(笑)。
(電子辞書ってモノが当時なかったから余計にですが)

でも今となったらこれも良い思い出です^^。
こういう創意工夫って
大人になってから臨機応変って
チカラになるような気もするんですけどなー。

…というわけで、辞書ひきライフも楽しんで見てほしいなーってお話でした!!

フォトディレクション講座 2〜3月の日程

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いております。

2〜3月の予定

※4月と5月はこの講座をお休みします。ご興味がある方は今の機会にぜひ。
※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。

送料無料でマガジンをお送りいたします!

フォトディレクション系セルフマガジン 「欲しい写真を手に入れ、使いこなせる自分になる!」



現在発送中。送料無料です。
A5 フルカラー 全12ページ。

フォームより必要事項をご記入頂きお送りください。

http://tinyurl.com/y7mvon7d

順次お送りさせていただきます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBコンサルタント・セールスデザイナー

広島出身、川崎在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK], 語学

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.