デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

家族&うさぎのこと

環境変化に対応するのは本当に大変なこと〜うさぎとの引っ越しで思う

投稿日:2016-08-14 更新日:

今回の帰省でもうひとつ
ひやひやしてたことっていうのがこれ。

ーーーーーー

川崎に越してきてすぐに体調を崩して
一ヶ月近くかかっても完調とはいえない
うさぎのハッピーが
またもや長時間の移動をすることは
果たして大丈夫なのか??

ーーーーーー

 

結果から言えば…

大丈夫どころか!!
もりもり食べ元気に
跳ね回り喜びまくっています。
安心してくださいねー。

 

この記事にも書いたように、
7月の引っ越しで一番肝を冷やしたのが
ハッピーの不調。

わりと引っ越してすぐに
食事をほぼとらず
排泄もほぼなくなってしまった!!

 

慌てて病院を探し行ったところ

「胃腸の働きが低下しているのでしょう」

とのことで点滴やお薬を与えながら
様子見の毎日でした。

しかもこの体調不良を期に
ハッピーはペレットといわれる固形フードを
全く口にしなくなり、野菜ばかり食べるように。

元々ハッピーは子供のころ、
野菜主食で育てました。

IMG_4858

その後、食べてほしいわらを全く食べないし
ペレットも与えるようにしたところ
完全ペレットに移行したといういきさつがあり、
野菜を食べまくる様子はまるで
子供時代に戻ったかのようだなー
なんて思いながら見てたんです。

 

ところが!

広島の自宅に戻って放したところ…
一ヶ月全く食べようとしなかった
ペレットをがつがつ食べてるじゃないですか!!

IMG_0372

えーーーーーーーーーーーー!!!!!
なんで?!

 

 

衝撃的でした。

そして野菜をまったく食べようとしない(笑)。
以前と同じハッピーになりました。
排泄もばっちり!健康そのものです。

 

 

結局のところ
今回の不調はひとえに
ホームシックだったんじゃないかと。

 

IMG_0334

今べろーんとリラックス中。

彼にとっては6年間過ごした環境から
一気に変わっての1ヶ月。

あまり変わらないように…と
なるべくリビングに
広めのスペースをとったとはいえ、
全く違わないようにはできてないし、
新しくおうちも作ったので
自分のにおいもない。

ここは田舎なので外から車の音も
聞こえてくることはそうそうないのですが
(ほぼセミと鳥の声…今なら)
川崎ではそうじゃない。
意外と車の音が締め切っても
夜でも聞こえてきますからね。

その他人間では気づかないようなレベルの話からすれば
たぶん書き切れないほどあるんだろうなーと想像。

仕方ないことなんだけど…
ごめんね、としかいえない。

私は選んで今回の引っ越しがあるのだけど
彼にとってはとばっちりに近い(笑)ですからね。

まぁ救いは旦那さんのことを
ハッピーが大好きだってことでしょうか。

 

 

広島に戻り、
ここまで大喜びのハッピーを目の前にして
また川崎につれて戻るってことを正直悩みました。

体調を崩すんじゃないかと思うと怖い。

何よりハッピーにとって一番いいことはなんなのか??

 

もしも…
環境が変わらないことを選べば
日中ほぼ独りで過ごすことになる。
私たちとも離れる。

もしも…
私たちと一緒に暮らすことになれば
環境は変えざるを得ない。

 

悩ましいーーー!!!!

 

で、出した結論は

・川崎には連れて行く。
・においのついた使い慣れたものを少し持って行く。
・移動がそこまで嫌いではなさそうなので
広島にも戻ってくる機会をなるべく作ってあげる。

…ってところ。まあ試行錯誤ですね…。

なにはともあれ、ハッピーと私たちの
折り合いをどこでつけるのかってところだと思います。

 

でもこれ、人間でも同じで。
人間には「仕方ないよ」のプログラムがあるので
ここまで不調が一気に出てくることはないかもしれませんが
逆に我慢するって術を覚えてるので
悪化してしまうことだってある。

環境の変化って本当にすごいことなんだなと思います。

 

 

ここから少し余談ですが…

こういう話を書くと
「うさぎの食についてどう思いますか?」

…なんてご質問を受けることもあるのですが、
それについてはこれがいいよ!
と私がお答えすることはないです。

あくまでも私の場合はこうしました…
と伝えられるだけだと思います。
それがいいのか悪いのかはわかりません。

 

現在ネットにはあふれるほどの情報があり
うさぎ飼育に関しても同様です。

大まかに分けて

・わら
・ペレット(固形フード)
・野菜

というところがうさぎの主食として
書かれていると思いますが、
どれがいいのかは
一長一短それぞれあると思ってます。

だからそれを踏まえて、
飼い主がどれをとるかってことだと思ってます。

もちろん「これがいいな!これで育てよう」
…と思っていたとしても、
うさぎちゃんって結構個体差があるので
その子が受け付けるかどうかはわかりません。

いろいろ試しながらになるのかなとは思います。

 

だから、ぜひうさちゃんのために
飼い主さん自身が吟味して
選んであげてくださいね^^。

 

 

あ!!ただひとつだけ

私が伝えられることがあるとすれば
食べるものがいろいろあるほうが

いざ何か不調があったときに対応しやすい

ってことかな。
これは私の経験上そうでしたので。

 

 

今回に限らず、ハッピーは調子を崩したとき
受け付けるものがその時々で違うんです。

小さいころからいろんな野菜を食べさせてきた
(うさぎにあげていい野菜もちゃんと調べてもので!)
ことが功を奏してるという場面が多かった。

野菜とひとくちにいっても
一通り何でも食べることもありますが

調子が悪いときは
これだけは食べれる…みたいな状況になりがち。
しかもそれがまたまちまちなんです。

セロリだけ、サニーレタスだけ、
パセリだけ、にんじんだけ。

みたいな。

 

IMG_4726

セロリばかりのときもあれば…

IMG_4733

サニーレタス大好きのときもあれば…

IMG_0327

にんじんラブーのときもある。

しかもにんじんも切っただけでOKのときもあるけど
すりおろさないとだめなときもあったりね。

 

 

しかもやっかいなのは

うさぎは6ヶ月までに口にしたものじゃないと
なかなか大人になってから受け付けにくくなる

…と言われていること。

 

 

やってみたら体に合わず
おなかゆるくしたりとかもあるので
そのあたりも様子をみながら
少しずつ試しながら
嗜好を育てていくというのも
大事なことなのかもしれませんね。

 

 

ほんと食べれなくなると小動物は弱る一方だと思うので
小さいうちに食べられるものを増やしてあげるってことは
何派で育てる(わら、ペレット、野菜)以上に
大切なことなんじゃないかなと私は思っています。

 

 

ちなみに!!

ハッピーが今回調子悪くなって

「やっぱり野菜しか受け付けないとすれば
ペレットだめならわらも食べれたほうがいい」

…と病院で言われたこともあり

今更ですがわらのサンプルを
再び手に入れて試してみましたよ。

 

昔はいろいろ試してたんですが
あまりにわらを食べてくれないので
挫折して中断したままでした。

 

ウサギ用わらではメインの
チモシーだけじゃなく
それ以外のいろいろも買ってみました。

IMG_0248

IMG_0247

 

でね、試したんだけど…
やっぱりそんな食べないですね^^;;;。

IMG_0254

わらの上に寝てる始末…。

おーい、それ食べ物だから!!
と突っ込みながら細々と続けてるところです(笑)。

 

なにはともあれ、
今年の11月で7歳になるハッピー。
できる範囲にはなりますが
なるべくいい形で過ごせるように
していけたらと思います。

 

 

魅力や楽しさを伝えてみませんか?
お気軽にお問い合わせどうぞ。
↓↓↓

=============

★サービスメニュー
その楽しさ、魅力を存分に伝えてみませんか?
めいっぱい伝えるためのお手伝いをさせて頂きます。

https://blog.petit-note.com/?page_id=3051

=============

★お問い合わせ メールフォーム
https://blog.petit-note.com/?page_id=2

=============

★とも’s メディア

・Facebook
[お友達申請&フォローお気軽に。基本承認致します。]
https://www.facebook.com/vitamincolor39

・Twitter
[フォロー&リツイートお気軽に。]
https://twitter.com/vitamincolor39

・Instagram
[覗いて見てくださいね♪]
https://www.instagram.com/vitamincolor39/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-家族&うさぎのこと

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.