デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

写真

写真を素材としてバランス良く配置するための基準は「重さ」〜ポイントは4つ!

投稿日:2017-03-03 更新日:

販促物などに写真を配置してみたものの…なーんかバランス悪いなー!!ということもありますよね。

 

せっかくだからバランス良く見やすく配置したい。でも、どうしたらいいんだろう。今日はそういうお話を書いてみますね^^。

 

では最初に質問です。

あなたは何を基準に
バランスをとっていますか?

写真ですか?
文字ですか?

写真だとすれば、具体的に写真のどういう部分でしょうか?

 

意外とパシっと答えられた方は
少ないんじゃないかな?と思います。

案外なんとなくフィーリングで
考えてるなーってこと多いですよね。

 

実際、フィーリングの部分も大きいし、フィーリングで感じるコトってとても大切なことだと思いますが、どんなことも理由が明言化出来るとわかりやすくなるし判断しやすい。だからここはあえて、その基準を書いていきたいと思います。

 

これはあくまでも私自身のとらえ方ですが(ここポイント!他のとらえ方もあると思います)

私は写真も文字も色あいも
すべて「重さ」としてとらえています。

つまり素材それぞれを重さとしてとらえ、その重さの違いを感じながらバランスをとっています。

 

…ってどういうことなのか?

では、サンプルを使ってお話をしていきますね。

 

今日のサンプル写真はこちら。
(写真はぱくたそより)

この写真素材と文字を
A4の紙に配置したとします。

 

でmこちらの画像と文字の基本バランスをこれ↓とします。
うん、バランス良いですね。

 

 

ではいろいろなパターンを試してみるので、それぞれの重さとバランスを感じてみてくださいね。

 

1.位置でバランスをとる

先ほどの画像を基本と考えたとき、なぜバランスよく感じるのか。

今回の場合は左下に画像があるので、その対角線上の右上に文字情報を置いて、重さを揃えていった感じですね。

 

では、文字情報を左上に置いたらどうなるか?

左が重たくなった気がしませんか?

 

では、画像を少し上に持って来たらどうなるか?

どうでしょう?バランスがちょっと…と感じませんか?

 

では画像の位置を変えるならどうすればいいか?バランスの良い場所に文字も移動すればいいのです。

 

★写真をセンターに持ってくる場合

文字もセンターへ近づけてバランスをとります。

 

★写真を上に持ってくる場合

逆に文字を右下に配置してバランスをとってみます。

こんな感じでしょうか?画像だけ動かすよりはバランスが整ってる感じになりますよね。

 

2.大きさでバランスをとる

同じ写真を使うにしても、大きさによって重さが変わってくると考えていきます。同じ画像なら大きめにすれば重く感じるわけです。

 

では、文字の大きさも変えて、文字の重さも変えて、バランスを考えてみましょう。

 

逆に画像を小さくすると、それだけ重さも軽めになりますので、文字も軽くしてバランスをとります。

 

3.文字の重さとは

文字の重さはフォントの大きさだけじゃなく、太さや文字数なども関わってきますよ。フォントも太い方が当然重たく感じます。

 

★太くしてみた場合

 

★細くしてみた場合

 

それから文字数が増えると、当然重さも増すと考えるので、その場合は大きさを変えたりして調整します。

さっきより文字数が多いので、文字の大きさを小さくしました。

 

これ以外にも密度が濃いものは、重たく感じるので、長い文章などの場合は、行間なども気をつけてみるといいかなと思います。

 

4.色あいの重さとは

文字や写真の色あい。
この色についていうところの重さって一体どういう部分になるのでしょうか?

私は「濃さ」と「コントラスト」と考えています。

 

では、試しに文字の濃さを変えてみます。

今回は背景が黒なので黒に近い文字で、コトラストがあまりない状態にしてみます。

どうでしょう?先ほどの白文字よりも文字が軽くなった気がしませんか?写真のインパクトと文字のコントラストの重さのバランスが変わってしまいました。

 

では写真のコントラスト変えたらほんとに重さも変わるの?ってことですが、白バックにして文字をうすくし、写真も透過してうっすら入れて見ます。

どちらも重さを軽くするという感じです。
バランスどうでしょうか?

 

以上、

「位置」「大きさ」「文字」「色あい」4つのポイントで配置における重さのバランスを考えてみました。どうでしょうか^^。バランスを感じていただけましたか?使う写真によって重さは当然変わってくるので、バランスよくするための文字数や大きさも、どれくらいのものが必要なのかは、当然都度変わってきます。これは試していくしかないです。ですが、やっていくうちに感覚も掴めてくると思うので、楽しみながらやってみてくださいね。

 

あ、写真も賑やかな写真、静かなイメージの写真いろんなものがありますが、色鮮やかなほうが白黒より重たいってこと?といえばそういうわけでもないですよ^^。先ほども書きましたが、重さは密度やコントラストも関わるからです。

 

白黒の写真は時にものすごいインパクトを残します。そういう場合はたいていコントラストを上手に使っていますので、重いものになっていく場合もあります。これもしっかりと重さを感じてみましょう!

 

ただし、これ、あくまでも私の基準値ですのでご了承ください。考え方のひとつとして参考になればと思います。あと今回もサンプルざっくり作ったのでそこもご了承ください(笑)。なにはともあれ、バランスがとれた配置が出来るととても気持ちがいいですよね。楽しい作品作りを♪

 

 

[関連記事]
写真関連のTIPSは遠慮なく使い倒してください〜これまでの記事まとめ読み
写真の大きさで伝えたいコトを変えるコトができる!配置のおもしろさを体感してみよう

フォトディレクション講座 2〜3月の日程

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いております。

2〜3月の予定

※4月と5月はこの講座をお休みします。ご興味がある方は今の機会にぜひ。
※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。

送料無料でマガジンをお送りいたします!

フォトディレクション系セルフマガジン 「欲しい写真を手に入れ、使いこなせる自分になる!」



現在発送中。送料無料です。
A5 フルカラー 全12ページ。

フォームより必要事項をご記入頂きお送りください。

http://tinyurl.com/y7mvon7d

順次お送りさせていただきます。

とも's メディア

・Facebook
[お友達申請&フォローお気軽に。基本承認致します。]
https://www.facebook.com/vitamincolor39

・Twitter
[フォロー&リツイートお気軽に。]
https://twitter.com/vitamincolor39

・Instagram
[覗いて見てくださいね♪]
https://www.instagram.com/vitamincolor39/

・VALU
[ぜひ!よろしくお願いします。]
https://valu.is/vitamincolor39

-写真

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.