デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

写真

ズバリ、写真のトリミングの効果を具体的に考えてみる!

投稿日:2017-05-14 更新日:

さて!
先日の記事の最後に書いたこちら。

トリミングってどういう効果があるのか?
具体的に考えたことありますか?

……
……
……

いくつ思いつかれましたか?^^

 

トリミングの効果っていろいろあると思うけど、私の思う効果はこんな感じです。
(…というか思いついたというべきか(笑))

ーーーーーーーーー
1.不要な部分をカットする
2.水平・垂直を整える
3.カタログ効果
4.主題、主役を明確にするため
5.余白を生み出すトリミング
6.場所にあわせるため
ーーーーーーーーー

 

1.不要な部分をカットする

トリミングというと、これを主に思いつく方多いんじゃないかなと思いますね。写真を撮るときは気づかなかったけど、後で見るとうっかり不要な部分が映り込んでしまっていることがあります。その部分を見せないために、上手くカットして使ったりしてきれいに写真を整えるコトに使えます。

 

2.水平・垂直をきちんとさせる

水平、垂直がきちんと揃ってまっすぐになるだけで、その写真がビシっとして見えます。微調整的にこれをやると本当にぐっと変わることがあります。特に風景写真や建物写真は気をつけたらいいんじゃないかなと思いますね。

 

3.カタログ効果

複数写真を同系列で並べて使う場合、その被写体の大きさ、角度などが揃っていた方が、見た目綺麗に整って見えるということがあります。

例えば、お店のメニューとか。商品カタログで使う場合とか。アルバムで使う場合とか。例えば…特性を表したくてもこのように揃ってない物が並ぶとなんだかガタガタした感じ。(写真はぱくたそ


それをこのようにすると見た目はスッキリ!!

えーー、でもせっかくだから特性を何か入れ込みたいんだもん!っていう場合には、使われる形(この場合は正方形)にちゃんと入れ込んで表現できるようにするといいですね。

 

★関連記事はこちら
ーーーーーー
プロフィール写真を撮影するときに写真家さんに使い方を伝えていますか?
ーーーーーー

 

4.主題、主役を明確にするため

写真って主題がはっきりしていないと、やっぱりぼやーーーんとしたものになる気がします。

例えば…水族館で撮ったこの写真。

とっさに撮った結果でこれはこれでいいのですが、

このようにカットすると…

何か物語を感じたりしませんか?右サイドの部分を切り取ってみました。

このように主題を作るコトができるこれもトリミングの効果の一つだと思います。

 

5.余白を生み出すトリミング

これまでのものは、クローズアップするという意識が強いものが多かったと思いますが、こちらはあえて余白を作ってその効果を利用するという感じですかね。

詳しくは以前書いたこちらの記事を参考にどうぞ。
ーーーーーー
時間の軸は視線方向で変わる〜写真のトリミングのおもしろさを感じてみよう
ーーーーーー

 

6.場所にあわせるため

これは単純に素材として印刷物やウェブに使うときに、写真としてどうこうというよりも、使う場所のスペースや使い方に合わせてトリミングするというもの。

写真のどこまでを載せるのかと言う部分を考えたとき、撮った写真を場所に合わせるのは難しいコトもあり得ます。だからこそ一般的に写真を撮る前にどう使うのかということを考えるコトが大事になってくるわけです。

 

トリミングの効果はあれども!

…とここまで考えられるトリミング効果を散々書いて置いて最後に書くのも変かもしれませんが、やっぱり撮るときには「こう撮りたい!」という意識をきちんと持って撮るということは基本にありきだと思ってます。

テキトーにとって後でなんとでもすればいいやーではなく、撮るときは撮るときでしっかり楽しみ、その上でさらにその思いをより効果的にするために、トリミングを使っていく。この意識が大切じゃないかなと思っています。

 

★関連記事はこちら
ーーーーーー
「トリミングありきは悪なのか?」というお話
ーーーーーー

 

上記は私が思う効果ですがあなたはトリミングにどんな効果を感じていますか?なにはともあれ素敵な作品作りを♪

フォトディレクション講座 2〜3月の日程

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いております。

2〜3月の予定

※4月と5月はこの講座をお休みします。ご興味がある方は今の機会にぜひ。
※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。

送料無料でマガジンをお送りいたします!

フォトディレクション系セルフマガジン 「欲しい写真を手に入れ、使いこなせる自分になる!」



現在発送中。送料無料です。
A5 フルカラー 全12ページ。

フォームより必要事項をご記入頂きお送りください。

http://tinyurl.com/y7mvon7d

順次お送りさせていただきます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBコンサルタント・セールスデザイナー

広島出身、川崎在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-写真

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.