デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

写真

フォトディレクション講座で学べるコト〜写真の使い手としてのキモはとにかく「当たり前」と思わず「確認すること」

投稿日:

フォトディレクションは、「欲しい写真を手に入れ使いこなす」ための写真の使い手としてのスキルです。WEBや印刷物を作るにあたって必要な写真とは?を追求するために必要なことをポイントを絞って学んでいただきます。

 

もしかしたら使い手という言葉から、「写真の配置」をメインとして捉える方が多いかもしれません。もちろん、デザインとの兼ね合いでもある、「写真の配置」を含むデザインの知識も、もちろん重要なファクターのひとつですが、それを知った上でどう写真をカメラマンさんに依頼していくか…がもっと大切になります。

 

その際案外大切なのは、契約や確認しておきたい事務的ポイントです。

 

実は、これが一番のトラブルの元になりやすいからです。とにかく確認をせずに「当たり前」と思わないこと。これに尽きます。どうなのかな?と思ったら、撮影に入る前に写真の使い方や処理まで含めて、うやむやにせず、しっかりと気になるところは確認しておくことです。

 

写真の使用ルールや事後処理、ギャラなども実はカメラマンさんや、そのプロジェクトによってまちまち。個人事業主さんがお願いされる、プロフィール写真を撮影してくださるカメラマンさんの多くは、ある程度の枚数を納品してくれる→納品の写真は自由に使って良いというスタイルがデフォルトになってるように思うのですが、そうとは限りません。

 

一枚の画像であっても、どんなメディアで何回使用するかによって、価格が変動するってこともあり得るのです。

いったん手にしたら、自分のものとしてどこでも使ってイイ写真ばかりではないということがあるのだということを、知って置くだけでもずいぶん違うと思います。

 

フォトディレクション講座ではこうした確認ポイントもお伝えしていますので、即ビジネスの現場で使っていただけます。

みんなが気持ち良く仕事出来る状態の中で、伝わる写真を手にして、ご自分のビジネスを加速させてくださいね!

 

11月のスケジュール出ました!
ぜひお気軽にお問い合わせください。

講座の詳しい内容、日程とも下記のリンクからご覧くださいね。

【フォトディレクション講座】いよいよ開講!11月の日程のお知らせ

フォトディレクション講座 8月講座開講予定

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いておりますこちらの講座。

お休みを頂いておりましたが、8月にリニューアルして再び開始予定です。詳しいインフォメーションはまたお知らせいたします。

※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-写真

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.