デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

伝えていくということ。楽しければ楽しいほど、外向きに伝えていくという意識を持つことを忘れずに。

投稿日:

伝えるコト。
以前こんな記事を書きました。

私の場合、伝えたいコトは素敵なモノ、コト、人との出会いであり、それを表現する手段がデザイン、写真、ブログです

 

わ、すごい!これって素敵!おもしろい!頑張って欲しい!と思ったことは、時間が許す限りは、何かしらでそのこと自体を知らない人にも伝えられたらいいなと思っています。

 

だからこそ、私は誰かを誘って、一緒に行くのも好き。

例えば、11月上旬にLINKED VALUというVALU繋がりの絵師たちがコラボで展示会をしたときも、平日なら友達を、土日になるなら旦那さんと一緒に行こうと思って誘っていたし、大竹でお好み焼きやさんをされてる私のVALUERさんを訪ねるときも、VALU関係ないお友達にも声をかけて一緒に行きました。

 

本来応援したいと思うことって、広がっていってほしい、知って貰えたらいいなと願っていることでもあるんですよね。だから、きっと楽しんで貰えるんじゃないかなと思う人を誘ってみる。良い形となれば、双方にとってその方がプラスになる可能性があるんじゃないかなぁと思うのです。実際、小さなことだし、繋がっていくかもわからない。だけど、きっとゼロよりは何か可能性はあるんじゃないかなぁと感じるんですよね。もちろん、VALUの場合は、そこでの還元も考える必要もありますが(こちらはこれからの課題です)。

 

グループやコミュニティに参加すると、本当にいろんな方に巡り会えて楽しくなります。今まで話せてなかったことがわかり合えてうれしい。そこでコラボも生まれたりするし、ワクワク!!出来るコトのかけ算となるコラボは本当にいろんな可能性を生むし、化学反応となって思ってもないようなことが出来たりもします。これって本当に、すばらしいことだなぁと思います。

 

楽しい。
でもだからこそ、外への意識を忘れないように…と思っています。中のことを中だけでシェアしていても、やっぱり広がらないと思っているから。

 

もちろん、最初はそれでもいいと思うんです。だけど、外向きの意識だけは持っているようにしたいと思っています。じゃないと、私の場合、心地よさに飲み込まれてしまう可能性があるから。

中で話すのは話が早い。説明がそこまで要らないというか、意図が解って貰えやすいし、反応も良いことも多いと思う。だけど本当にそれだけでいいのか?と自分に問える部分を常に持ち合わせていたい。

 

だから、どんどん外に向けて、これからも伝えていくというスタンスでいたいなと思います。稼働しているコミュニティのSmile Linksもこの想いを持って、大きく舵を切るために動こうとしています。またそれについては別途お知らせしたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.