デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

暮らし

ファイヤーウォールの種類を変えるだけで、無線LAN接続のスキャナが快適に使えるように

投稿日:2017-12-20 更新日:

私のMacのノートパソコン、これまでは無料のセキュリティソフトを使っていました。が!旦那さんがマカフィー リブセーフを入れたことを機に、私もありがたく導入することに。

 

しげき
マカフィーリブセーフは家族全員、何台でもインストールOKなんだってー。使ったら?

 

へー。イマドキのセキュリティソフトって太っ腹なんですねー。

 

だがしかし!!
あるとき、無線LANを使用して繋いでいる複合機のスキャナが全く使えなくなってしまったことに気づきました。がー!!もう、不便…。でもセキュリティとしてはアップしてるし仕方ないか…とあきらめ。

 

間違いなく、このソフトのファイヤーウォールが原因なんだろうなーということは、なんとなくわかってるんだけど、きっと設定がややこしいんだろうなと勝手に思い込んでいて、スキャナ使うときだけファイヤーウォールを切にして使ってきていました。

 

そう。
これまでは!!

 

でもこれ、設定も一つ変えるだけでサクっと行くようになったのです。しかも楽チン。なんだーって感じ(笑)。以下手順メモ。

 

まずMacのセキュリティタブの中にある、ファイヤーウォールをクリック。

 

すると下記の画面に行きます。
で、使ってる無線LANのネットワーク接続の種類が最初「公共」になってるので、これを「自宅または職場」に変える。

 

…これだけ。

これだけで、ファイヤーウォールをいちいち切ったり入れたりしないでも、スキャナが今まで通り使えるようになりました。ぶっちゃけイチイチ設定を開かなくていいのでこの方が楽。

 

ほんともう、なんだー!!って感じ。早くやればよかった。でも使いたいものがサクッと使えるって気持ちいいです。

 

ぜひ、セキュリティソフトを使ったことで無線LAN接続のモノが使いにくくなった!という場合はファイヤーウォールの種類をチェックしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-暮らし

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.