デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

DEN

オンラインギャラリーDENの年間企画写真展で、各作品にメールを送れるようにしたかった理由

投稿日:

昨日のブログに書きましたが、Express yourselfでは、各作品のページにはメールフォームがあり、それぞれの作品の撮影者に、基本、直接メッセージを送ることが出来るようにしてあります。是非ご活用くださいね。

 

今回、この企画をやろうと思い、デザインをひいたとき、私はどーーーーーーしてもこれを実現したかった。参加してくださる皆さんにとって、本当にDENが良き通過点となり、広がりや繋がりになっていけばうれしいから。だって楽しいじゃないですか、その方が。今日はそんなお話を追記的に書いてみようかなと思います。

 

メッセージが届くって反応があるってことですよね。

 

誰かに見てもらっての共感の感想は、プロアマ問わず、また写真への関わり方問わず、やっぱり届くとうれしいもの。それが撮影のモチベーションになることもあるだろうし、純粋にうれしい!よかった!と感じるだけでも日々を楽しく過ごせるエッセンスになる。これだけでも意味あるものだと思っています。

 

また、お仕事の依頼として、この感性の人に撮影をしてもらいたいとか、個展してもらいたいとか、小さな作品とかあれば譲ってもらいたいとか、そういうことにつながってもうれしい。

 

それから、クリエイター同士、あるいは同じ趣味や楽しみごとを持っている人の中で、繋がりが出来ても楽しいと思うし、何かのコラボになってもいい。こういうこともとても大切な財産につながるんじゃないかと考えています。

 

そんなことを想像するだけでもわくわくしてきませんか?だから、反応を手にしていただける場作りをしたかった。

 

あ、だとしても、届くメッセージは、別に直接じゃなくてもいいじゃないかと思われるかもしれませんよね。DENを経由して転送する形ではなく、なぜ、直接届けることにこだわったのか、その理由はいろいろありますが、主に3つあります。

 

1. 想いには鮮度と温度があると思っているから

想いにも文章にもやっぱり鮮度や温度がある、そう思っています。だからできる限りできたてほやほやのうちに相手に送れた方がいい。もちろん直接送っても、相手が読むペースはまちまちです。でも、間接的にDENが間に入るよりも少なくともダイレクトに送った方が絶対にはやいですからね。

 

2. 直接だからこそ、書けることだってあるんじゃないかと思うから

DENに限ったことじゃないですが、間に何かが入るとなると、やっぱり文章が遠慮がちになるってことありませんか?直接だからこそ、書けるってきっとある。それに、転送するってことは、どうしてもやっぱり目に入るものですしね。それに、何かのコメント欄のようにオープンだと…と言う場合もある。その人にだけそっと届けたいという思いにも応えられるんじゃないかと思いました。

 

3. わくわくをDENに閉じ込めていてももったいない!と思うから

DENの企画からの広がりや繋がりだからといって、DENを通して連絡…とかってなんだか閉塞的だなぁと思うんですよ。例えば、ここでつながったとしても、DEN外で自由にコラボとかしてもらったらいいと思うし、お仕事や自分のことにつなげていけばいいとも思うのです。

 

このご時世多くの機会がある中で、せっかくDENを選んでくださっているわけです。参加してくださっている撮影者さんにとって、なにより良き形になるといいなと思っています。

 

もちろん、設定したメールアドレスは外に出ることはありません。送ってくれた方へも、確認のため内容コピーが届く設定になっていますが、それはDENのアドレスを設定してありますのでご安心ください。また、その後の返信他についても、各個人にお任せしております。また、参加されている撮影者さんによって、メールが直接届くことは遠慮したいという希望がある場合は、DEN宛てに届いたメールを転送するという形で対応させていただいております。このあたりも柔軟に対応させていただいております。

 

 

2月以降のExpress yourselfでもこのシステムを活用していきたいと思っています。DENから楽しい繋がりや広がりが生まれたら!そう思ってます。是非お気軽にご参加ください。また、1月のExpress yourselfをまだご覧になってない方も、ぜひいろんな方の「手」の表現をお楽しみください。Gallery 1です。

 

 

また、こういうシステムはあったらいいな!と思ったとしても、これは私一人では実現出来ないコトです。協力かつ実現してくれる、エンジニアがいてくれることに感謝しつつ、これからもDENのバージョンアップを共に頑張って行けたらと思います。応援よろしくお願い致します。

 

Online Gallery DEN
http://www.og-den.com

Facebookページ
https://www.facebook.com/galleryden/

フォトディレクション講座 2〜3月の日程

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いております。

2〜3月の予定

※4月と5月はこの講座をお休みします。ご興味がある方は今の機会にぜひ。
※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。

送料無料でマガジンをお送りいたします!

フォトディレクション系セルフマガジン 「欲しい写真を手に入れ、使いこなせる自分になる!」



現在発送中。送料無料です。
A5 フルカラー 全12ページ。

フォームより必要事項をご記入頂きお送りください。

http://tinyurl.com/y7mvon7d

順次お送りさせていただきます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBコンサルタント・セールスデザイナー

広島出身、川崎在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-DEN

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.