デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK] 写真 アート・音楽

対話型鑑賞プログラムACOP体験セミナーで感じた、正解のない問いに取り組むおもしろさとグループワークのかけ算の可能性

投稿日:

京都造形芸術大学 アート・コミュニケーション研究センター開催の「対話型鑑賞プログラムACOP体験セミナー」に伺ってきました。

 

ソッカ株式会社の小畑さんのインフォメーションから知り、興味津々。しかも京都の大学にもかかわらず、今回は東京は外苑キャンパスでの開催。こんなチャンスはなかなかないだろうと参加させていただきました。

 

ACOPとはArt Communication Project(アートコミュニケーションプロジェクト)の略で、対話を基本とした、グループで行う美術鑑賞プログラムです。

 

複数メンバーでのアートの鑑賞を通じて、美術系知識に偏ることなく、鑑賞者同士のコミュニケーションを通して、美術作品を読み解いていきます。みる、考える、話す、聞くという基本的能力をフルに活用し、それぞれの感性に触れながら、一人では到達しえなかった解釈や発見、気づきなどを共有していくという感じです。まさに正解のない問いを考えて行くおもしろさがぎゅっと詰まってます。答えじゃなくてたくさんの発見がある。まさにそんな感じ。

 

他社理解や多様性の受容、自己対話力などにつながることもあり、教育や、ビジネスシーンなどの場面でも活用できるということで、多くの会社関係者の方もいらしていました。

 

私自身、ACOPのことは正直詳しくは知りませんでしたが、「みんな違ってみんないい」の想いのもと、フォトシェア会などを実施してきたこともあり、お話に共感しっぱなし!!

 

実際にひとつワークショップがあったのですが、これもすごくおもしろかったです。他の方の解釈や気づきを聞き、「あー確かに!」「そういうところが気になるのか、おもしろいな」ってことがいっぱいありましたし、それを聞く事でどんどん自分の中でもまた想いが加速していく。そのためにも、考えたことをきちんと話す、伝えることが凄く大事だってことも体感しました。まさに足し算じゃなくてかけ算の加速性のあるグループワークだと感じました。

 

このシステムを取り入れたカタチでのシェア会なども、また、ぜひ実施してみたいなと思っています。アウトプットしていきたいと思っていますので、興味ある方がいらっしゃいましたらぜひお知らせくださいね!

 

「アート」≠「アート作品」という話や、そもそもアートとは?という話もとても興味深く、それにしてもやっぱり「ヒト」って面白い!を実感してきました。

 

再会や新たな出会いもあり、これからがますます楽しみです。

フォトディレクション講座 2〜3月の日程

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いております。

2〜3月の予定

※4月と5月はこの講座をお休みします。ご興味がある方は今の機会にぜひ。
※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。

送料無料でマガジンをお送りいたします!

フォトディレクション系セルフマガジン 「欲しい写真を手に入れ、使いこなせる自分になる!」



現在発送中。送料無料です。
A5 フルカラー 全12ページ。

フォームより必要事項をご記入頂きお送りください。

http://tinyurl.com/y7mvon7d

順次お送りさせていただきます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBコンサルタント・セールスデザイナー

広島出身、川崎在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK], 写真, アート・音楽

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.