このブログについて

「今日、なにしよう?」を見てくださり、ありがとうございます。このブログに書かれているのは、筆者“ともとも”が考えたことであり、あくまでも個人的な意見です。アラフィフの今、自分の人生をきちんと味わっていきたい。この想いを持って、自分の視点で好きなコトを好きなように綴っている雑記ブログです。

 

“ともとも”的「今日、なにしよう?」とは?

「今日、なにしよう?」は私“ともとも”の人生のテーマです。

あなたは、「今日、なにしよう?」と聞いてどんなイメージをされますか?自由気まま、ゆるーく、その日暮らし的な感じを思われる方もいらっしゃるかもしれません。うん、それもある。だけど、そのときの思いに忠実に、自分でやることを選んで決断していく…これが私にとっての「今日、なにしよう?」です。

なんとなく、とりあえず…ではなく、常に自ら選び決断していく。そのために、自分にとって大切なコトをしっかり気づき、自分のためにしっかりと時間もお金も使い方を選んで行きたい。そして家族とも共有したい。すべては自分の残されたこれからの人生を、後悔しないためにも。

 

普段の生活の中も、小さな選択肢のオンパレードだなぁと思いますね。
それ、今やる?買う?使う?行く?食べる?…

 

とはいえ、私自身もこれまでは特に選んでいるって感覚がなく、ホントはやりたくないことも時にやりながら「状況がそうだったから」「そうしないと仕方ない」とか思ってました。これを当然だとも思っていました。でも本当はね、どうしてもそうしたいのなら、どうにかやれることはないのかを考え、行動すればいいだけ。誰に何を言われてもそれを受け止めたらいいだけ。それなのに、そんなこともせず、状況を自分にも言い訳にしていたなぁと思います。これ、自分がかわいいだけだったなと今となっては思います。

どの状況でも自分が選んだのだ、そう思うと、自然と状況を楽しめるようになりました。自分や大好きな家族、仲間を思ってきちんと選べる人でありたいなぁと思ってます。

 

余裕を持つことで世界は広がる。余白は新たな始まりを作る

サブタイトルにしているこちらは、私のありたいスタンスのようなものです。

無駄を省くいわゆる効率化を叫ばれる時代、私がしたいことは「自由な寄り道」。あ、もちろんそれが大事なこともある(仕事面とか)。だけど普段の生きるスタンスにもそのエッセンスがものすごく色濃く出てる気がしてならない。ここまですべて効率化されちゃうのは寂しい、つまらない。これが私の考え方です。

アラフィフとなった今、振り返ってみて、私が一番新たな価値感や世界観に触れたのは、寄り道のタイミングだったなぁとつくづく思っています。本来の目的は別のことだったけど、ふらっと立ち寄ったことや覗いてみたことから吸収したことや新たに知って興味深くなったことは、本当に多かった。まぁ、考えてみたら自分の価値感って過去の自分が歩いて来たことから作られてるんだから、自分が考えて行動している中から生まれることは限られてるといってもいいのかもしれないんですよね。だから寄り道をする余裕も持ちたいし、予定も余白をつくりたい。

旅の予定が最たるものかもしれません。せっかくだから!とあれもこれもと予定を詰め込んで出発する旅はもういいかなって。確かに、効率良く回るために、予定を立てるって大事なことなのかもしれないんですけど、その興味は行く前に考えたことなんですよね。だから現地に行ったときにベストな選択なままかどうかがわからない。だって、現地でどんな出会いがあるかわからないじゃないですか。現地にいけば、日本では知り得なかった面白いコトきっと転がってる可能性があると思うんです。小さなことでも発見があったり。そこで知り、行ってみたくなった場所に行けるだけの余裕があるほうが楽しい。

 

これは、旅に限ったことじゃなくて、生活においてもホントそうじゃないかなって。どこか空白をあえて持っておくことは、これからのワクワクに備えることなんじゃないかと思ってます。…単なるノーテンキなのかもしれませんが^^;;(笑)。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

 

“ともとも”について

1970年生まれのアラフィフ。語学畑出身の写真好きUI/UXデザイナー。広島市出身、広島在住。だけど父親が転勤族だったため、一度も広島で学生生活を送ったことはなし。そのため、どこの土地にも里心は育たなかったが、新しい場所に行くことはあまり怖いと思わずわくわくするタイプ。知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。

ハマリ症な一面もあり、学生時代に海外文通、20代にはBean Bag(ぬいぐるみ)、30代には大リーグにどっぷりはまった時期があります。海外文通ハマリ期は中学時代。ネットもない時代、興味ある国にペンパルを持つにはどうしたらいいか?ばかりひたすら考えていた気がします。大使館に手紙を出したり、海外の新聞社に文通希望の手紙を送り、100通近く届いて家族を驚かせたり。90年代後半、Bean Bagはまり期には海外トレードを楽しむ傍ら、日本でもコミュニティを作りたくてサイトを立ち上げ、渡米を繰り返し、海外の発信者とつながりニュース配信を行っていました。

1999〜2002年に作っていたコミュニティサイト

 

2000年代にはまった大リーグはまり期には、日本に比べて気軽に選手とふれあえる魅力のとりこになり、ブログを現地からも旅をしながら発信。さまざまなファンとの交流を続けながら現地の生インフォを届けていました(今はもうあの寝不足状態での旅はできない…(笑))。2009年のワールドベースボールクラシックで、LAのドジャースタジアムで行われた決勝のオープニングセレモニーに出場させていただいたのはなかなか出来ない経験だったし良き思い出です。

2009年WBC opening ceremony

 

東京マラソンに出場する日、電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、2018年にWEB制作会社を立ち上げ、夫婦で「伝える」「伝わる」楽しさを実感中。24時間夫婦生活を楽しんでおります。そして、マイペースなうさぎのHappyに翻弄されつつメロメロな日々。

何より、今が一番楽しい。大好きな家族、仲間と、元気で優しい穏やかな時間を味わって過ごしていきたい。これまで、興味に翻弄されまくりで忙しい毎日を送ってきた過去があるだけに、余計にそう強く思うのかもしれませんが(笑)。

 

愛うさ“ハッピー”さんについて

2009年11月生まれの男の子。ネザーランドドワーフ。愛媛県生まれ広島育ち。6歳まで広島、6-8歳は川崎で暮らし、また現在は広島暮らし。すごーく、穏やか、ビビリで臆病。だけど、ママには内弁慶(笑)。パパとババちゃん(私の母)のことが大好き。ライフスタイルはほぼ自由で放し飼い。だけどビビリなので、カーペットを引いてるところから自ら出てくることはありません(フローリングは滑るので足元が落ち着かないのが嫌なよう(笑))。

小さいころからほぼ病気をすることもなく元気に過ごしてきていましたが、9歳になってから重たいうっ滞になり、さらに、精巣腫瘍や膀胱結石なども見つかりました。これについては、先生と相談して、年齢を加味して外科的治療は行わず、都度様子を見て、必要に応じながら内科治療をしていただいています(現在進行系)。

私自身は、穏やかに暮らしてほしいので、具合が悪くならないように状況をキープすることに興味を抱き、あれこれ学んでいるところです。流動食が必要になり、看護についても日々勉強中。ハッピーさんに学んでいることは本当に多いんですよね。ハッピーさんは家族であり、師なのです。

 

お願い

このブログ内でハッピーさんについては、主に日常と看護について書いていきますが、私が書く記事は、あくまでも「私がハッピーさんのベストを思って、かつ彼が受け入れたこと」がベースになっています。一般論ではありませんし、How Toとしてお届けしようとしてるものではありません。逆にたった1羽のために動いたことを書いています。だから必ず当てはまることでもないし、正解不正解もわかりません。そうじゃなくても、私がうさぎを飼うのはハッピーさんが初だし、医療関連に無知なほうだと思います。仮にこの中で書いていることを取り入れられることがあったとしても自己責任でお願いいたします。

 

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース、リンクシェア、楽天アフィリエイト、A8ネット)を利用しています。基本自分が買ったり使ったりしてるものを中心にご紹介しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

投稿日:2019-04-19 更新日:

Copyright© 今日、なにしよう? , 2019 All Rights Reserved.