デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

沈黙タイムも穏やかに♪

投稿日:2016-01-30 更新日:

私も常々思ってきていたのだけど
コミュニケーションってやっぱり人間力なんじゃないかなって思います。

==========
コミュニケーションの本質は「マーケティング力」に他ならない。
http://www.growing-labo.com/essence-communication/
==========

このブログに書かれているように
「インスタントスキルのみを伝える研修」が多いことは
仕方ないことなんだろうと思いつつも
うーーーーん、どうなのかなーってところはあって。

だってやりとりは100回あったら100通りだと思うから。
スキルやノウハウじゃやりきれないところあると思うしね。

…っていうか、
そもそもコミュニケーションには
バシっとしたこれ!っていう答えが
あらかじめあるモノではなくて

むしろそのときその場でその相手と一緒に
答えは作られていくものだと思うし
そこが本来は醍醐味って気もするんですよ。

だから、コミュニケーションには正解を求めるよりも
微調整出来るチカラがあるかどうか…
それに尽きる気もします。

 

とはいえ!!
そこを楽しめたらいいんでしょうけど
会話がうまく噛み合わないってこともあるから
怖いというのもわからないではないです。

まぁ、噛み合わないことも含めて
ぜーんぶコミュニケーションなんだとは思うんですけどね。
私もとんちんかんなやりとりになってることありますし^^;;。
そういう部分もあると思って貰えたらいいか!と思ってます。

うまくやろうというよりも
今の私はこうなのかと認めていくというかね。
そうすると気楽になるような気がしますね。

 

でも、沈黙がこわい!!
なんなん!この時間…ちーんっ!

それもわからなくはないです。
私はあまりそういうのを
怖がらないと思われるのか…

沈黙は金っていうけど
沈黙を味わえとか言うけどやっぱり怖い。
どう対処すればいいんでしょう??

と先日聞かれることがありました。

 

うーーん。

でも、沈黙にもきっといろいろあると思うから
それもインスタントスキルじゃ
対応しきれないところはあるよーな気がする…。

 

ぶっちゃけ、沈黙にどうしたら強くなるのか??
私もそれはよくわかりません^^;;。

 

じゃあ、一体自分はどうしてるのか??
…って考えてみると

そういうときは次に話すコトよりも
自分の表情のことを考えてるコトが多いかなぁ。

話しの内容はあんまり考えてないです(笑)。
暢気??^^;;;;

今穏やかな表情であるか
にこやかでいれているか
そういうこと考えてるコトが多いかな。

その穏やかな表情から産まれる時間は
「沈黙」を「間合い」にしてくれる気がするし。

 

でもねーー
相手が自分をどう思ってるか…とか
嫌われてるんじゃないか…とか
そういうことって真実はどうであれ
自分ではどうにもコントロール出来ないコトだから
頭の中でいろいろ考えていても
余計に焦りが出てくると思うんですよねー。

一方、自分の表情は自分でなんとか出来るコトなんですよ。
だから気分的には全然ラクになる。

 

表情って、相手が見る部分、伝わる部分でもありますしね。

穏やかな表情であるってことは
自分の焦りを隠すことだけじゃなく
相手への思いやりにももしかしたら
つながるんじゃないかなーと思ったりもしてます。

 

だから沈黙タイムも穏やかに♪
今日もハッピーコミュニケーションが楽しめますように!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.