デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

「わたしのマチオモイ帖 2016大阪展」で感じた表現はしてナンボだってこと

投稿日:2016-03-30 更新日:

メビック扇町で開催されていた
「わたしのマチオモイ帖 2016大阪展」

IMG_7116

IMG_7118

最終日になってしまいましたが
今年もギリギリなんとか足を運べました!!

いやーーーーーーー!!!!

参加されている方のそれぞれの街への想いが溢れてる!

故郷への想い
旅先への想い
生活してての想い

人それぞれの視点がいい!
面白い素敵な作品がいっぱいでした。
今年もすばらしかったですね。
いえ、今年はさらにパワーアップされていて
もっと素敵なイベントになっていってるのを肌で感じました。

これもひとえに関わられてる
関係者さんたちの努力のたまものなんだろうなと感じました。

そして、イベントを創り上げていく
当事者の楽しさみたいなものを
主催をされていらっしゃる
堂野さんとのお話でも感じました。
ありがとうございます!!

 

まず入って驚いたのはこのディスプレイ!
すごくないですかーー???

段ボールで出来ている特製ですよ。

IMG_7119

IMG_7120

IMG_7159

IMG_7122IMG_7133

美しい!!

このディスプレイの実現により
一冊一冊が作品としてより見て頂けるというか
とても素敵なスタイルになっていますよね。

そして作品そのものが並列であることも表現されてる。
こういうことをやるととかく優劣つけたくなるものですが
そういう気持ちが一切感じられないフラットなイベントです。
それがまた心地いいんですね。
それぞれの想いに優劣はないですもんね。

なお、シェルフについては
元々構想としてはリアルに木や鉄骨などで
作れたらいいなーと思ってたそうですが
資金面で諦めるしかないかなと思ってたところに
違う発想が入って来て工夫してこの形が生まれたのだそう!

「諦めたところでの一発逆転ホームランだった」

とこの出来事を表現されていらっしゃいましたが
やっぱりこうしたい!!と強く願って行動していれば
自ずとそういう視点で物事を見られて
また、コレ使って何か出来ないか?という
工夫も生まれてくるのだなということを強く感じました。

やっぱりそこへの強い思いが大切ですね^^。

 

 

あ!そうそう…
こちらのイベントについても少しご紹介してみますね。

「わたしのマチオモイ帖」

自分に関わった街への思いを
ひとつの冊子などで表現する
クリエイターのためのイベントです。

去年Facebookのお友達のシェアから知りましたが
このマチオモイ帖のイベントは
2011年から始まり、今年で5年目。
元は広島のクリエイターさんからの発祥だそうです。

IMG_7161

さまざまなマチオモイの心の表現も
まさに千差万別って感じですばらしかった!

去年も感じましたが
本当に様々な感情がここにはあるんですよね。

懐かしみだったり
うれしかったり、悲しかったり。
時には否定的な感情も表現されてる。
ぜーーんぶ街はこの感情をまるっと包んでくれてる。
それがね、何かあったかいんですね。

やっぱり人が関わっているからかな。

 

 

ちなみに、それぞれには「土地名 + 帖」
という名前をつけるのが定義です。

そして、マチオモイという言葉通り、
なるべく狭い街レベルでの想いを
表現されてたら楽しいねってことを
このイベントは提案されていて…

○○市 よりは ○○区
○○区 よりは ○○町
○○町 よりは 字○○

みたいな。

もちろん、○○市や○○区の思いをまとめたものも
たくさん作られていましたよ^^。

でも、やっぱり本当にクローズドな中での
個人の思いが写真や絵、文章で綴られてるのが面白い。

いわゆるガイドブックではなくて、
すごく個人的感情が溢れてるものがね、
なんとも愛おしい感じがします。

コンテンツもホントにまちまち。
写真を基調にしてあるもの…
イラ ストを基調にしてあるもの…
書いてる二人で交換日記風になってるもの…
テストスタイルにしてあるもの…
文章でがーーーっと綴られてるもの…
街というよりもその街にいた自分史だったり…
とある街ならではの文化や物に
クローズアップしてあったり…

 

 

今回時間があまりない中だったので
さらっと見て回る感じになりましたが
フォルム中心に個性溢れる作品をご紹介してみたいと思います。
(作品については表紙のみ撮影OKです。)

IMG_7124

社内報やマガジンを思わせる仕様のもの。
写真を基調に紹介されてるものが多いですね。
ちなみにこちらは気になる名店及び御主人をご紹介されてました。

 

★気になった作品たち★

IMG_7125

スケッチブックスタイル。
めくっていくとワールドを見れる感じで楽しかったです。

 

IMG_7129

まるで昭和の小学校での出席簿を思わせるフォルム。
思い出まるっと表現されてました。

 

IMG_7127
布で出来てるものもあります。
これ、中身もちゃんと布で作られてました。あったかーい。

 

IMG_7135

文庫本スタイルで季節ごとにまとめていらっしゃるもの。
季節を並べてみれるのが魅力的。

 

IMG_7151

完全絵本スタイルでの街ご紹介も素敵でした。
ストーリー形式にしてくれてるのでよみやすい。

 

IMG_7147

巻物…。広げていくときなんだかドキドキしました。
自分史としてはおもしろい表現ですよね。

 

IMG_7139

結構小さいミニミニサイズのものもありました。
手のひらで包み込む大切な思い出って感じかな。

 

IMG_7140

フォルムがおもしろいもの。
まーるいものがモービルのようにつながっているスタイル。
帖というと冊子イメージが強いのでこういう表現もまたおもしろいです。

 

IMG_7145

こちらもフォルムがおもしろいもの。
木の板に自然な写真などが貼ってありました。

 

IMG_7149

大阪なんばの楽しいお店を紹介。
いかにも昭和の喫茶店での
メニュースタイルにしたところがおもしろい。
裏通りのお店インフォはメモして戻りたくなったほど濃い!!

 

IMG_7146

いかにも別府!紙で作られた温泉を思わせる桶と
地図を雑多に折って手ぬぐい風にしてておもしろかった。

 

IMG_7156

なんでも楽しい思い出詰め込みーな感じ。
これまたアイディアですね。思い出袋。

 

IMG_7131

これはよくあるインターネットなどの地図に
いろんな人が思い出を描き込んでいくスタイル。
すごく内容が印象に残りました。
同じような地図でもきっと特に名前入れるのはまちまちなはず。
おもしろい構成で一番印象に残ったかも。

 

IMG_7150

妖怪伝説をパンで表現。これもまたアイディアだなぁと思いました。
見ていて楽しい!というか食べてみたくなります(笑)。

 

IMG_7152

街で見つけたフォントをA〜Zまで、ア〜って感じで
切り取って載せているもの。
こういうクローズアップあるのかとこれも視点に感心。

 

IMG_7160

音楽というくくりでテーマを絞っての紹介。
こういうテーマ決めもすごく個性が出て面白いです。
かえって一つに絞るっていうのもいいなーと思います。

 

IMG_7142

未来の子どもたちへの手紙を表現するために
あえてハガキスタイル。これもまた気持ちを感じるものでした。

 

IMG_7153

子どもさんの参加(クリエイターさんとのコラボ)
この時期に感じたコト…きっとオトナになってみたら
すごくまた違う想いで見れるんだろうな。
何かとっても純粋な視点に感動!

 

まだまだたくさんあるし、
実際全部じっくり見きれてないので
ごくごく一部だけのご紹介になりますが、
楽しんで頂けているとうれしいです。

 

もちろん、これらは何冊も作るものではなく
核心の一帖を作るからこそ出来るものも多いです。

ですが、そこへ馳せる想いというもの…
ここがやっぱり表現に繋がってくるのだとも思う。
気をてらうだけじゃなく、なぜそうしたのか…
そのカタチで表現することを選んだのか…
そこが見えるものが印象に強く残ることは間違いないなぁと感じました。

 

 

実はですね…、
私は去年のこのイベントを初めて見たときに、
来年はぜひ参加しよう!!と心に思って帰りました。

実際そのつもりでした。
10月にエントリーが始まったときも。

だけど実際は出来なかった。
なぜか??

まとめてもまとまりきらなかったから
…と思ってました。昨日まではね。
でもね、思ったんです。

私はやりもしないで
どこかで完璧なもの、良いものを作ろうとしすぎてたんじゃないか

ってことじゃないかなと。

そうです。ここでも良い子ちゃんが発揮されてました(笑)。
何を怖がっていたのだろう。

あ、間違っても、テキトーにいい加減でも
作って出しちゃえばいいってことじゃないですよ。

そうじゃなくて、今のベストを尽くして
その出せる限りで出せばいいんじゃないかってことです。

スキルとして見て行けば…
いろんなことが身につまされることもあるかもしれません。

でも、そこでジャッジされるわけじゃない。
なのにそこでジャッジしてたのは自分だった。

想いにブレがなければ自分なりに表現していけばいい。

表現して初めてわかることもあるはず。
表現したからこそ気付くコトもあるだろうし。
表現してみたからこそ得れることは多いはずなのだから。

渦中の人になるってこと
そのことが何よりも実は大切なことなんじゃないかと
ここに来て改めて気付かされました。

 

…というわけで、
2017年のマチオモイ帖はホントに参加したいと思います。
ドコで作ろうかなーってことも今から考えよう。

私、転校少女だったのでふるさとへの思いが
普通よりもかなり希薄なのです(その分新しい土地へはすっとなじめる)。
だからこそどういう視点で作るのか…
考えて見ようと思ってます^^。

 

コレを見て興味を持たれたクリエイターさん、
ぜひ参加してみませんか?

あなたの気付きと表現が人の心を突き動かすかもしれない。
たまに見ながら涙してる方もいらっしゃるそうです。

 

ちなみに、このイベントに参加するには
必ずプロのクリエイターさんが関わってることが条件になります。

・プロのクリエイター
・プロのクリエイターを含むグループ
(クリエイター×地域住民、クリエイター×学生、
クリエイター×子ども、クリエイター×家族 … など)

一度参加されたクリエイターさんには
コラボもぜひ!と
推奨されています。

いろんな方のマチオモイを表現してほしい
…という願いもあるのでしょうね^^。

======
★過去に制作されたことがある方へ★

新作も大歓迎ですが、町の人や家族といっしょにつくる
コラボタイプのマチオモイ帖も募集しています。
======

だいたい、10月から申し込みをスタートされていて
実際の作品の提出は2月20日くらいまでだったはずです。

2017年もきっと開催されると思いますので
公式なアナウンスをぜひ待ちたいと思います。

 

=============

★ 海外交流を絵はがきで楽しもう!!
Postcrossingのサポートワークショップはじめました!
最初の登録を一緒にクリアして新たな扉を開きましょう!

[Postcrossingワークショップ]はじめてのポストクロッシング

=============

★ あなたの写真でJAPAN発信してみませんか?
写真、書など世界に発信するハガキ作りに協力して下さる方募集中

Postcrossing×Photograph 企画 JAPANを一緒に伝えよう!!

=============

★とも’s Facebook
フォローはご自由にどうぞ♪
友達リクエストをご希望の場合は、
申請と同時に一言メッセージをお願いします。

https://www.facebook.com/vitamincolor39

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.