デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

英語を使う仕事をしたいってどーなん!

投稿日:2015-12-17 更新日:

先ほどの記事のスピンオフって感じでもないけど
書いていたらちょこっと思い出すことがあったので書いてみようかと。

先ほどのような翻訳もお仕事にすれば翻訳家となります。
(私の場合は単なる単発チャレンジですが)
これぞ代表的な外国語を使ったお仕事のひとつ。

PAK75_englishyamamori20141206204248-thumb-1000xauto-17928

落ちこぼれだったとはいえ、
腐っても外国語学部卒業ってこともあるからか
またグローバル化を叫ばれてる世の中ってことも影響してか
大学生や高校生、また保護者さんとお話するときに、
ご相談受けることが結構多い私。
(そもそも風来坊歴が長い私に相談していいのか、役に立つのかって話しで
なんだか申し訳ないですが…( ̄▽ ̄))

「私ね、英語を使う仕事をしたいんです〜♡。どうしたらいいですかー?」
「ウチの子、英語を使う仕事がしたいみたいですがどんなことがありますかね?」

通訳や翻訳とかやりたいことが明確じゃないけど
何かしら英語は使っていきたい…というご相談ですね。

……
……
…… ( ̄▽ ̄)うーん

これに対しては「で?!」
っていうのが正直な私の返しだったりします^^;;;(冷たいですかね?)。

何かしらの答えが貰えると期待してくださってのことだから
余計にこの反応を受けると、だいたいきょとんとされるんですが
こっちからすれば、それしか言えんって話しだったりするんですよね…。

だってですよー!!
言葉はツールなんですから。
やりたいことの本質は言葉じゃないでしょ。
言語学者になりたいっていうなら話はわかるけど。

そもそも日本語使う仕事やりたいんですー
…なんていいますか? ねー!!いわないですよね?

だいたい職種だったり
興味あることだったり、好きそうなことだったり
ぼわんとしてても何かしらあるはずなんです。

教師だったり、プログラマーだったり、
お花屋さんだったり、お医者さんだったり…

そこまで明確じゃなくても、
人前に出る仕事してみたいなーとか。
開発に何かしら携わりたいなーとか。
単純作業が得意とかそれは苦手とか。
いろいろあるはずなんですよねー。

なのに英語というカバーに包まれたとたん
英語ありきからのっ!って感じになってしまうという。
言葉が全部やりたいことまで操ってるかのよう。
イッツマジック!!ですよ。ほんとに。

 

そして先ほどの話しにもどりますが…

「で?」の後
「じゃあ、具体的にどんなことをしたい??」

…っていうと

「うーーん。とにかく英語を使えることで何か…」
と繰り返し言われることが多いのも付け足しておきます^^;;。

いやいや……。

あーのーねーーー!!!
ぶっちゃけそんなの腐るほどあるがな!ってなものです。

だって英語使うだけならなんだってある。
活動場所を日本に限定しなければ
英語を公用語としてるような場所にいきさえすれば
ぜーーーーーんぶ英語ですよ。
英語パラダイスですよ。
一見関係なさそーな体育の先生だって
アメリカでやれば英語は使いますからね。

海外に支社が多い会社に行けば
職種関係なく使うかも知れないし。

だから英語で云々…ってことはまず置いといて
具体的にどんなことをしたいのか、
自分は何が好きなのか
どういうことが得意としてて
どういうことで社会貢献に繋がるか
とかシンプルに考えた方が良いんじゃないかなと思います。
結局自分としっかり向き合うことが大事ってことでしょうね。

その上で、じゃあそれを英語も使って…ってことだと
どういうことにつながっていくのかな?
自分が出来るコトってなんなのかな?
ってやっていくと

よりクローズドなカタチに目標を作れるんじゃないかな。

…っていうか、英語って陰に隠れてるかもしれない
本当のやりたいことが見えてくるんじゃなかろーか。

きっとその方がより自分が楽しめることに出会えるんじゃないかなと思います^^。

日本が一言語一民族国家だからなのか
本当に外国語、特に英語に関しての
憧れが強いからなのか、
万能薬みたいな感じで扱われてることがあることに
私自身、外国語は好きだけど違和感を感じてます。

私自身はお仕事にバリバリ使うようなことはやってませんが
コミュニケーションツールとしての言葉ってコトを
もっと伝えて行けたら…とも思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.