デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

駐車場ハプニングから学んだこと

投稿日:

四国への旅の始まりは尾道でした。
美味しいワッフルのお店を楽しんで…お話も盛り上がり…

IMG_3701

こもんさんのキャラメル系ワッフル!おいしかったです

さぁ出発ヽ(´▽`)/

…ってときに事件が起こりました。

あれ?
ん??

なーーーーーーーーいーーーーーーーーーーー!!!!( ▽|||)

そう、駐車券が…
どこにもないっ!!!

確かにミニクリアファイルに挟んだ!
しかもわざわざ。
いつもはそんなことしないのに。

しかも
「なくしたらいやだからここに挟んでおく」
なんてご丁寧に告知して挟んだ…。
うん、確かに挟んだ。

なのに…
クリアファイルの中はおろか、カバンの中どこにも見当たらない!!

どこかに挟まってしまったのではないかと
手帳やら財布やら、とにかく細かくしらべて見たけど
綺麗さっぱり消えてしまった。
まるでマジックのように。
どろんっ!(うん、この表現が古いね…( ̄▽ ̄))

 

いやはや…
さっさと出発したいところ
こんな私の不注意でお待たせしてしまうのは
ホントにホントに申し訳ないのだけどお時間を頂いて
もう一度さっきのワッフルやさんまでの道のりをたどってみることにしました。

駐車券をカバンに入れてから
カバンの中からモノを出したのは3回。

1度目はワッフルやさんでワッフルの写真を撮るためにスマホを。
2度目はワッフルやさんのお会計のときお財布を。
3度目は途中にかわいい猫がいたので写真を撮るためにカメラを。

IMG_5887

喜んで撮ってるときはウキウキだったんだけど…

この3回だけ。

ちなみに駐車券を挟んだクリアファイルは一度も出してない
…っていうからこれまた不可思議なんですけどね。

だからそのあたりを重点的に道中もたどってみたけど…
お店の中も調べて貰ったけど…
やっぱり駐車券はどこにも見当たらなかった。。。。

がーーーーーーーーーーん。
どこいったんだよぉー!!

と!!
半べそ状態の私に駐車券紛失のキーを押して

出て来た金額がまた一層追い打ちをかけてきた。

6000円なーりっ!
げー!!!オーマイガーッ!!

IMG_6055

 

でも支払わないと出庫が出来ない…。
旅の頭にあんまり現金つかいたくなかったので
とりあえずクレジットカードで支払って出るコトに。

もーーーーーーーー。
くれぐれも駐車券紛失には気をつけましょーね!!
そして慣れないことはしないことです!!たとえ安全そうでも。(激しく教訓!)

 

これ、ホントに出費としてはかなりの痛手だったんですが
まぁ、こうなったからにはネタにしちゃえと切り換えて
そこからはもう旅を満喫しました!!
これで厄払いしたのかその後はいいことがたくさん。
切り替えだけは早いので…そこは問題なしでしたよ。

 

さてさて…
このお話は当初これにて終了だったんですが
ここからが本題です。

この話をブログに書こうと思ったとき、
ふと、この6000円ってどういう設定からきてるんだろう??
…ってことが気になって、
戻ってきてからネットで調べてみることにしました。

だいたい3000円〜9000円が相場みたいですね。
いろいろあるなー。規約では最高30000円ってあるみたいです。

しかし30000円って出なくてよかった…( ̄▽ ̄)。痛すぎる。

紛失した場合、いつから停めたかがまるっきりわからず
長期でとめといて…ってことも有り得るので
最大が1ヶ月分くらいをめどにしてあるみたいですね。

なるほど。そりゃそうだなー。
…なんて読んでいると…。

とある記事に目がとまった。

同じタイムズに停めて駐車券をなくし、
お問い合わせしたことを書いていらっしゃた方が。

返金対応の駐車場なら初回に限りということで
しかもかなり迅速に対応して下さったことを書かれてました。
思わず一気に読んじゃった。

へーーー。すごいなー。
でも、あきらかに自分の不注意だし申し訳ないかなぁ…。

とは思ったものの…私も念のため聞いてみることに。

タイムズお問い合わせセンター

あ、もちろん、返金はなくても当たり前と思ってたし
こちらが悪いのは間違いないのだし
お伺いするカタチで丁寧にメールをさせて頂きました。
丁寧に丁寧に状況は説明させて頂きました。

 

…するとですね。
ほんとーーーに、ものの1時間ですごく丁寧なメールを
担当者さんが返信してくださいました。

タイムズの駐車場は返金対応出来るところと
出来ないところがあるらしいのですが、

今回私が停めた尾道の駐車場は返金可能だったこと

そして初回に限りということで

そこの1日分(終日800円)を差し引いた5200円を
銀行振込で返金してくださることになりました!!!

ありがとうございますっ!(感涙&平謝りっ!!)m(_ _)m
そして本当にごめんなさい。お手数かけました。

 

ここで特筆したいのは、
返金云々ももちろんそうなのですが、
このときのタイムズさんの対応の速さと丁寧さがすばらしかったということ。
これに尽きます。

ホントに私の不注意だから
返金されなくても当たり前だと思いますし
それなのに、ものすごい丁寧なメールを頂いたので恐縮で。

だから、御礼とお詫びのメールを書いて送ったら

ーーーーーー

この度はご丁寧にご返信頂き、誠にありがとうございます。

今後も駐車場に関してご不明な点などございましたら、
お気軽にお問合せ頂ければと存じます。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

ーーーーーー

…とさらに返事の返事をくださるという…!!!
すばらしすぎる。

もう、今度から駐車場あれば必ずタイムズ優先で使います!!
…と思わず言ってしまいたくなるほどの対応でした。

こうやって丁寧かつ迅速な対応、
心ある対応がファンを作っていくのだなぁー

…ということを身をもって教えてくださった
そんな一件になりました。
いろんな意味で大変勉強になりました!!

私もこれから先、こういう対応を心がけられるようにしたいと思います。

 

最後にもう一度…
本当にタイムズさん、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
そして対応ありがとうございました!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.