デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

写真 デザイン

使用する写真はとにかくキモ。綺麗に整えるだけじゃなく使用感を想像してもらうこともお忘れなく。

投稿日:

何かしら制作するにあたって
写真の重要度は計り知れないものがある
…と私は思っています。

tsu852_ichiganrehurensyu_tp_v

近年、様々なソフトの普及や
テンプレートが手軽に手に入るようになり

フォトショップやイラストレーターといった
いわゆるデザイナー仕様のソフトを使わずとも
デザインできるようになってきました。

もちろんデザイナーさんに
頼むようなクオリティまでは難しくとも
そういったソフトを使って
個人でもかなり雰囲気いいものが
仕上げられる時代です。

 

ですが…
デザイン的にはまぁいいんじゃないかな
…という感じになっても

そこに使われている写真の選び方が
イマイチのために

上手く伝わらない
アピールがうまくいかない

…という残念なものを見かけることもある。

 

これって

正直もったいない!!
もったいなさすぎる!

 

編集者&上級終活カウンセラーの
櫻木よしこさんのブログにも書かれていましたが…

セルフマガジン製作で大事なことのひとつは、適当な画像を使用しないということ。

そういうことを踏まえて、セルフ
マガジンを作ろうとする人に
“写真って大事ですよ”とアドバイス
しても、「いえ、それもですけど、
これから売ろうとしてる講座の内容を
しっかりと盛り込みたいんです」って
いうクリエイターも少なからずいる。(本文より)

 

いやーーーー!!
写真はキモです!

イメージを伝えるのに
大いに役立つってことは
逆にいえばなんじゃこれ?ってなれば
もうそれ以上情報を見てくれようとしない
…と言うこともあり得ます。

そうなったらもったいないですよね。

 

そして…
デザインに携わっている身から
言わせてもらうとすれば

極端な話、

デザインがしょぼくても
写真が伝わるものを使っていれば
それなりに仕上がりますが

写真がしょぼいけど
デザインでどうにかして!
…っていうのはぶっちゃけキビシイ。
どうにもならないことも多いです…( ̄▽ ̄)

だからこそ、写真は最大限に
気を使っていいポイントだと思います。

 

 

そして、もうひとつ。

いい写真というのは
プロがとった綺麗な写真
と言う意味だけじゃないですよ。

 

よくね、
打ち合わせでお話していると

プロに撮ってもらい
綺麗な写真を使っていれば
売れる!!見てもらえる!いい物になる!

と思っている方も結構いらっしゃいますが

自分の伝えたいことにフィットする
写真をきちんと選べているか

これも非常に重要です。

 

特に

身につけたり使うものの紹介や
施術などのサービスは

そのものを綺麗に撮っただけじゃなく
使用感を想像、ときに妄想させる写真が
ものすごく効果的だと思います。

使用してどう感じてもらいたいか
また使用するシーンはどうだろう
などなるべく具体的に考えてみてください。

 

例えば…
同じ女性をターゲットにした
アクセサリを紹介するにしても

ナチュラル系なのか
かわいい系なのか
かっこいい系なのか

そのテイストが違えば
持ってるものに合わせる雰囲気も違う。
背景もしっくりくるものは違う。

 

こんな風に使えばいいのか!
こんな風に合わせればいいのか!

…と気づかせてあげること。

 

売り手としてはすでにイメージ出来てるような
いわゆるフツーにわかってるだろう
と、思うようなことでも
意外とみんな案外イメージが
沸いてないこともあるんです。

言われてみると気づく、
膨らんで行くって感じかな。

あ、これいいな!
あれと合わせるといいかな!
…って感じでね。

 

だから、最初のとっつきのために
イメージが膨らむような写真を使うと
よりいいなぁ♡って想いが
膨らんで行くことになり
もっと見たい、買ってみたい
…に繋がって行く気がしています。

 

つまりは、単に綺麗に
商品のドアップだけ撮って
載せていればいいわけじゃない。

(もちろんそれはそれで必要ですが)

 

でもねー
案外私はここが一番重要だと思うんですよ。

ですので、ご自身で撮影されるにしても
特性と使用感を考えながら
素材ストックを作っていくことを
オススメします。

 

ーーーーーーーーーー

ここからは自分のことを少し。

私、こういう部分をクローズアップした
写真の使い方で自分ブランディングをする
フォトブランディングアドバイザーとして
スタートをきってみようと思っています。

写真の使い方をアドバイスしたり
プチTIPSもいろいろな発信をしていきます。

フォトアドバイスについては
近々モニターさんを
募集してみようかと思っています。

 

プロフィールも変えました。
そのあたりの想いを入れて書き直しました。

 

それから、いろいろ考えて
デザイナーの文字をはずしましたが
デザインについてもこれまで通り
やっていくつもりではあります。

ただね、
写真がないものには萌えないので
ぶっちゃけ私に依頼しても
もったいないかなと思う。

写真も含め、本当に伝わる
いいもの作りをしていきたい。

ここしばらく向き合ってきた結果
私はそこに楽しさを感じているのだから
逆に特性として
大いに活用していきたいと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

サービスメニュー

その楽しさ、魅力を存分に伝えてみませんか?
めいっぱい伝えるためのお手伝いをさせて頂きます。

★フォト系サービスメニュー[制作・編集者向け]
★デザイン系サービスメニュー

お問い合わせ メールフォーム

まずは気軽にお問い合わせください!
https://blog.petit-note.com/?page_id=2

とも’s メディア

・Facebook
[お友達申請&フォローお気軽に。基本承認致します。]
https://www.facebook.com/vitamincolor39

・Twitter
[フォロー&リツイートお気軽に。]
https://twitter.com/vitamincolor39

・Instagram
[覗いて見てくださいね♪]
https://www.instagram.com/vitamincolor39/

16人16色の好きを仕事に[かさこ塾広島1期マガジン]

A5冊子1P-P16表紙裏表紙

★ 詳しい内容はこちらをご覧ください!!

下記の専用メールフォームに
必要事項を記入の上送信してください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/c5e92d69107343

人材カタログ的なつくりです。
かさこ塾ではない方こそ是非お気軽にどうぞ!!

なお、広島の方はこちらのお店でも
手に取っていただけます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-写真, デザイン

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.