デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK] 写真

おいしそうな写真を撮りたければ、たくさんのおいしさに出会い、言葉で表現してみることからはじめよう

投稿日:

昨日のブログに書いた、「日本語っておいしいを表現する言葉がたくさんあって楽しい」ってお話。これ、写真も同じじゃないかなと思う…と最後に書きましたが、今日はそのことについて書いてみようかと思います。

 

「食べ物をもっとおいしそうに撮りたいんですけどね〜」と言われる事があります。でもね…そもそも「おいしそう」…ってどうなんでしょうね?

これはあくまでも私の考えですが、「おいしそうに撮りたい」は「綺麗に撮りたい」とイコールとは限らないと思ってて。なぜならそこにはおいしそうと思った理由や想いがあるから。

食べ物を綺麗に撮りたいのなら、How to、つまりは、構図やライティングにこだわれば、ある程度はきちんと綺麗に撮れると思うんです。けど「おいしさ」にフォーカスするならちょっと違う気がするっていうかね。もちろん、センスの問題はあるとは思いますが、今回それはおいときますね^^;;。

 

それがいわゆる表現の幅になるんじゃないかなぁと。
この間書いたことでいえば、

ふわふわしておいしい
とろとろしておいしい
食感が楽しくておいしい
さーっと溶けておいしい
あったかくておいしい
冷たくておいしい
目で見てもおいしい

などなど。

 

でも、これってね、きっと私がそう思ったことがあるから、浮かんでくる言葉なんですよ。

ふわふわしておいしい!って思うものに出会ってなかったら、そういう感想自体がないかもしれない。あるいはどこかでそういう表現を見たか。いずれにしても出会ってないと出てきてないと思うんですよね。

 

つまり…

おいしそうな写真が撮りたいと思うなら、たくさんのおいしさと出会うこと。そして、おいしさに出会ったとき、思い切りそれを感じて、そのことについて表現しておくことが大切なんじゃないかな。

 

単においしかったー!で終わらずにね。
そこをサボったら勿体なくなっちゃう。

 

この繰り返しで自分の中にストックができ、それを初めて表現したいものを、じゃあどう表現するのかってところにいくんじゃないかなぁ。「ふわふわしてておいしい」とか「あったかくておいしい」って伝えるにはどうしたらいいかなと。

この間の「ポートレートの指示だし」で改めて感じさせてもらったことでもあります。でね、あくまでもこういうことって、本番までにしておくことで、本番はただ目の前にあるものを感じてそれを表現していくのみってことなんだとも思うんですよ。いらんこと考えずに。そして、プロは瞬時にその表現する力がまたすばらしいってことなんでしょうね。

 

あ…
これきっと、「かわいい」や「かっこいい」とかも同じじゃないかな。

だから、「かわいく」撮りたかったらたくさんの「かわいい」という想いに出会おう。「かっこよく」撮りたかったらたくさんの「かっこいい」という想いに出会おう。そう思う瞬間に出会うために、出かけてみよう。

 

あなたが思うかわいいは?かっこいいは?
なんでそうおもったのか?つっこんでみよう。
心をウキウキさせてみよう。

 

そしてそれを自分で言葉に表現してみよう。
もっともっと細分化してみよう。

 

これもきっと、カメラオフではあっても必要なコト。

 

さぁ、そして…
それをあなたはどうやって表現しますか?思ったことを、満足いく表現にできるかどうか、さらにそこからはじまります。おもしろいですね。

 

こういう表現についても、お題にして、それぞれが撮って、見せあいっこしながらトークしあうのも楽しいのかもしれないですね。How toだけじゃない、こういったことももっと私は話したいし、知りたいなと思うこの頃です。正解だけじゃない、個性も見れるかも知れない。

 

そんなノウハウだけにしばられない、おもしろさも、きっとあるんじゃないかなぁと思ったりしますし、そういうもの私も出会いたいです。

 

たくさん感じる心からはじまる。
写真に限らず、いろんな表現に通じるコトなのかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK], 写真

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.