デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

とも感[FEEL & THINK]

Feel Happy!! 感じよう!気付きの心を大切に

投稿日:2016-01-18 更新日:

ランと私と現実逃避」の記事にたくさんの反響を頂き
本当にありがたいと共にびっくりしています。
ありがとうございます!!!

そんな中上記の記事を受けて

最近、自分は何が楽しいんだろう?と考えることがしばしばあります。
楽しいと思えることを探し回るのも違うような気がして…

ということを書いてくださった方がいらっしゃって
FB上では自分が思うことをレスさせて頂いたのですが

うん、そーだよねーー

と色々思うことがあったので
ブログに書いてみようと思います。

 

結論から書くと、
私自身は、楽しいコトは幸せと同じで
感じるコトなんじゃないかなーと思ってます。
探し求めていくものというよりはね。

何かその事象があってそのことが
楽しかったり幸せそのものしてくれるわけじゃなくて

それを楽しいと感じるか…
そのことを幸せと感じるか…

ってことじゃないかなと。

 

うーんそうだなー・・・

feel happy[幸せを感じる]
be happy[幸せな状態である]

だけど

do happy[幸せをする]
make happy[幸せを作る]

じゃない
…って感じっていうか。

実際の英語表現もそうですよね?

 

 

だから同じコトが目の前にあったとしても
人によって感じ方は違って当然ですよね。

幸せと思うか楽しいと思うか、
別にどーでもいいか。

正解不正解じゃないですから
別に人と違っててもいい。

 

心をオープンにして
目の前に起こりうることを素直に受けとめていく…

これを繰り返している中で何かしら自然と
心のアンテナにひっかかってくるものが
あるんじゃないかなって思ってます。

 

だから私も楽しいこと探そうとか
そういう風には思ってないかな。

とにかくクローズせず、第一印象だけで決めつけず…
そして「何が楽しいのかわからない」ってことすら
いっそのこと楽しんじゃうようになれたらいいのかな。

やってみたから、ふれてみたからこそ
そのことが好きか、楽しいか、幸せを感じるか…
なんてわかることだから。それだけでも前進してると思うし。

 

もしどうしても明確にしてみたいと思うなら

ふわふわと頭で考えているよりも
自分がいいんじゃないかな?と思うコトを
だーーーーーーっと書いてみるのも一つだと思います。
書くってすごい整理されるので。
あ、これについてはまた別途書こうと思います。

 

んーー…

今はむしろ情報過多と言われる時代だし、
出来るコトも自由になっていると思うので
事象としては本当に多種多様でゴロゴロしてますよね。

 

だからこそ、
むしろアンテナだったり
センサーだったりが
反応するかどうかが大切な気がします。

 

そう、「感じるチカラ」

そして気付くチカラは視点ではあるんだけど
感性に支えられてる部分が大きいと思うので

自分の感性を大切にしたほうがいいと思うんですね。

だから、周囲と違ったり、
人と違うことであってもいい。
みんなちがってみんないい!なんですよ。

そこは個性だと思います。
自分に素直にまっすぐに
楽しんだり幸せを感じたらいいと思う。
そして気づく力を大事にしたいです。

 

 

 

そうそう…
気付く力が働いていないときって
不足ばかり目についてしまって
それって自分をどんどん
枯渇させている気がするんですよ。

身近なところにある幸せなことが見えず
遠くの人の幸せをうらやましがる

近くが見えずに遠くばかりみてる…

 

思えば、子供の頃、
身近などーでもいい石ころや草にでも
おもしろさを見つけられていた…

子どもは身近なところで
楽しいや幸せに気付く天才とも言えますよね。

 

…って書いててふと思い出したけど

むかーしむかしに、
ディズニーランドせっかく連れていったのに
戻ってきて幼稚園で●●ちゃんとの遊びの方が楽しい〜って言うんよね(苦笑)
…と知り合いに愚痴られたことがあります。
(まぁ行くのにかかった費用が半端ないからわからないでもないです^^;;;)

でも思えば、子供さんがこれも今目の前のことに
まっすぐ心で反応出来てる証拠なんじゃないかなって思う。

大人はついついいくらかかったとか
そこにいくのに結構大変だったとか
いろんな味付けして理由付けして
余計に楽しさを倍増させてるところがあるとは思うので^^;;
(そのすべてがもちろん悪いわけじゃないですよ)

素直に感じることが鈍感になっているのかもしれません。

 

ストレートに楽しむ。
素直に幸せを感じてぎゅーと抱きしめる。
小さなことでもそう感じる心を大切にする。

そういう風に感じれる心を
いつまでも持ち合わせていたいものです。

そして気付きの心を大切にしていきたいなぁーと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-とも感[FEEL & THINK]

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.