デザインや効果的な写真の使い方を通じて、熱い想いやコンセプトを届けたい方へ

本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ

DEN

「オンラインギャラリー DEN」で考えている著作権対策について

投稿日:2017-12-14 更新日:

昨日の記事でもスタートの報告をしました「オンラインギャラリー DEN」。このブログはもちろん、Facebook、ツイッター、VALUそれぞれで反応を頂き大変嬉しく思います。めちゃめちゃうれしい。

 

昨日勢いでやってみよう!と走り出したものの、おそらく私だけでは思ったようには構成できないのはわかってたので、仕事と同じくエンジニアも巻き込んじゃいました。快諾を頂き、サイトを良い形にしていきたいと思ってます。これで安心して(笑)、ここからさらに加速していきますよ!

 

さて、オンラインギャラリーをやるにあたって、一番気になるのが著作権保護の問題じゃないかと思いますので今日はそのことを少し書いてみようかと思っています。

 

特にオリジナリティやテイストが溢れるイラストなどと違い、作った感を少なく思うのか写真は悪気なくとっていかれることが多くあります。盗難なんですが、悪気ないっていうのが一番やっかいなんですよね。

 

よく「落ちてた画像を拾って…」なんて表現をされることもありますが、「落ちてる画像」ってそもそもあり得ない。そもそも誰かがネット上にアップしない限りその画像があるということが起こりえないわけですからね。

 

ちなみに、以前も書いたコトがありますが、写真の著作権は撮った瞬間から自動的に生じます。プロだろうがアマチュアだろうが関係なく基本的に撮影者のものです。フリー素材というのは、規定内の範囲であれば、特に許可を得ずに使っても良いよという使用についてを認めてくれているわけで、そういうものでも著作権は放棄してるわけではないはずです。

 

…と長い前置きはこれくらいにしますが、とにかくこの著作権や勝手に画像を使われないようにするための策はオンラインギャラリーとしてあるのか?ということが気になってる方もいらっしゃるのではないかと思ったので、こちらについて少し書いていこうと思います。

 

結論から書けば、大切なお写真を預かっていくわけですから、先にきちんと対策はほどこしたいと思っています。具体的には

・何か文字やロゴなど写真に透かしを入れてアップする
・Lightroomでメタデータ上に情報を書き込んでおく

というかたちで現状は進めて行きたいと思っています。

 

写真上に本来何も載せないで済むのならそのほうが写真を楽しめると思います。本当はモラルに任せてこういうことができるのが一番好ましいですよね。ですが、画像盗難の可能性が普通にある以上、現状、ウォーターマーク対策(透かし)は必要と私は考えています。

 

Photoshopなどについている電子透かしのDigimarcに登録することも考えたのですが、団体として登録するのなら、Enterpriseというクラスで登録せねばならず、おそらく400~500ドル/年 かかるのではないかと思われます(もっとかな?)。現状そこまでの費用をかけることは難しいので、今回は見送ります。

 

また、以前のような右クリック禁止したり、システムに組み込んだところで、現在最強なのは画面キャプチャが簡単に出来る問題があります。これをやられるとどうにもなりません。なので、画像そのものに透かしを入れてしまう方法が、アナログではあるけれどもベストかなと考えております。

 

もちろんあまりにも目立つカタチになると邪魔なので、そのあたりのバランスは考えて入れたいと思っておりますが、あまり遠慮がちに入れると、そこを部分をカットして使う人は使うと思いますので、適度に調整して入れたいと思っています。

 

Lightroomでのメタデータ情報入力は、もちろん同じシステムを持っているなら修正出来ないことはないものなので、弱いといえば弱いですが、とりあえずこれもやっておくことで対策を複数施すというカタチになるので、ないよりはいいのでは?と思ってます。

 

楽しく気持ち良く、このオンラインギャラリーを親しんでもらえるようにいろいろなことを考えて参りたいと思っています。著作権保護対策としては、この2つを入れ込んだカタチで写真をアップしていくことで対応するスタートにさせていただけたらと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

その他、DENでやっていきたいと思っているカタチや、企画への想いなどもまた別途書いていきたいと思いますのでお楽しみに。

 

Online Gallery DEN

ホームページ Coming soon!
Facebookページ https://www.facebook.com/galleryden/

フォトディレクション講座 8月講座開講予定

使える写真を撮る、選ぶ、伝える〜自分でディレクションできる力をつけていただける講座「PDマスター」。コストダウンに繋がる!という嬉しいお声も頂いておりますこちらの講座。

お休みを頂いておりましたが、8月にリニューアルして再び開始予定です。詳しいインフォメーションはまたお知らせいたします。

※企業内研修もお受けいたします。お問い合わせください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とも

森 友亜(もり・ともえ)
WEBディレクター・セールスデザイナー

広島出身、広島在住。
東京外国語大学卒(ドイツ語専攻)。

プロスポーツ写真の世界に17年従事し、見て来た写真は年間20万枚以上。その間に実感した写真の「伝える・伝わる」力を、ビジネスなどに最大限に活用できるよう、ディレクションやコンサル、セミナーを実施。また、セールスデザイナーとして、「伝わる」「売れる」ために本当に必要なことは何かを徹底的に傾聴し、結果につながるウェブサイトを提案・制作している。写真のセレクトと使い方には定評あり。

知らないこと、新しいことに触れるのが大好きな、ゼロイチ萌えな人。電車で運命的な出会いをした温厚な夫と、マイペースなうさぎのHappyに癒される日々。

-DEN

Copyright© 本質を伝えるセールスデザイナー 森 友亜(もりともえ)のブログ , 2018 All Rights Reserved.