うさぎ

うさぎとの引っ越しで思うこと:環境変化に対応するのは本当に大変

投稿日:

今回の広島帰省でもうひとつひやひやしてたことはこれ。

ともとも
川崎に越してきてすぐに体調を崩して一ヶ月近くかかっても完調とはいえないうさぎのハッピー。またもや長時間の移動をすることは果たして大丈夫なのか??

 

結果から言えば…

大丈夫どころか!!もりもり食べ元気に跳ね回り喜びまくっています。安心してくださいね。

ハッピー
広島大好き♡

 

実は、7月の広島から川崎の引っ越しで一番肝を冷やしたのがハッピーの不調。わりと引っ越してすぐに食事をほぼとらず排泄もほぼなくなってしまった!!慌てて病院を探し行ったところ「胃腸の働きが低下しているのでしょう」とのことで点滴やお薬を与えながら様子見の毎日でした。

 

しかもこの体調不良を期に、ハッピーはペレットといわれる固形フードを全く口にしなくなり、野菜ばかり食べるように。

 

元々ハッピーは子供のころ、野菜主食で育てました。

IMG_4858

その後、食べてほしいわらを全く食べないし、ペレットも与えるようにしたところ完全ペレットに移行したといういきさつがあり、野菜を食べまくる様子はまるで子供時代に戻ったかのようだなーなんて思いながら見てたんです。だけどこのままで大丈夫かなーとも思いつつ。

 

ところが!

広島の自宅に戻って放したところ…一ヶ月全く食べようとしなかったペレットをがつがつ食べてるじゃないですか!!

IMG_0372

 

ともとも
!!!!!!!

 

衝撃的でした。

そして野菜をまったく食べようとしない(笑)。以前と同じハッピーになりました。排泄もばっちり!健康そのものです。

 

結局のところ、今回の不調はひとえにホームシックだったんじゃないかなぁというのが私予測です。

彼にとっては6年間過ごした環境から一気に変わっての1ヶ月。あまり変わらないように…となるべくリビングに広めのスペースをとったとはいえ、全く違わないようにはできてないし、新しくおうちも作ったので自分のにおいもない。広島の元のおうちは田舎なので、外から車の音も聞こえてくることはそうそうないのですが(ほぼセミと鳥の声…今なら)、川崎ではそうじゃない。意外と車の音が締め切っても夜でも聞こえてきますからね。その他人間では気づかないようなレベルの話からすればたぶん書き切れないほどあるんだろうなーと想像。

 

仕方ないことなんだけど…ごめんね、としかいえない。私は選んで今回の引っ越しがあるのだけど、彼にとってはとばっちりに近い(笑)ですからね。まぁ救いはハッピーが夫のことが大好きだってことでしょうか。

 

広島に戻り、ここまで大喜びのハッピーを目の前にしてまた川崎につれて戻るってことを正直悩みました。体調を崩すんじゃないかと思うと怖い。何よりハッピーにとって一番いいことはなんなのか??もしも…環境が変わらないことを選べば日中ほぼ独りで過ごすことになる。私たちとも離れる。もしも…私たちと一緒に暮らすことになれば環境は変えざるを得ない。

 

悩ましいーーー!!!!

 

で、出した結論は

・川崎には連れて行く。
・においのついた使い慣れたものを少し持って行く。
・移動は大丈夫そうなので、広島にも戻ってくる機会をなるべく作ってあげる。

まあ試行錯誤ですね。
ハッピーと私たちの折り合いをどこでつけるのかってところだと思います。でもこれ、人間でも同じだなと思う。人間には「仕方ないよ」のプログラムがあるのでここまで不調が一気に出てくることはないかもしれませんが、逆に我慢するって術を覚えてるので悪化してしまうことだってある。

環境の変化って本当にすごいことなんだなと思います。

 

 

ここから少し余談ですが…

うさぎの食については、いろいろ奥が深いですよね。現在ネットにはあふれるほどの情報がありうさぎ飼育についても同様だなと思います。大まかに分けて

・わら
・ペレット(固形フード)
・野菜

がうさぎの主食として書かれていると思いますが、好みがある以上、「これがいいな!これで育てよう」と思ったとしても、どうしても一筋縄ではいかない部分もある。受け入れるのはそのうさちゃん次第なんですよね。ただ、私自身が思うのは、食べるものがいろいろあるほうがいざ何か不調があったときに対応しやすいってこと。これは経験上そう思います。

 

今回に限らず、ハッピーは調子を崩したとき受け付けるものがその時々で違います。その際、小さいころからいろんな野菜を食べさせてきたことが功を奏してるという場面が多かった。普段はいろいろ受け付けていても、調子が悪いときはこれだけは食べれる…みたいな状況になりがち。しかもそれがその時々でまたまちまちだったりします。

 

セロリだけ、サニーレタスだけ、パセリだけ、にんじんだけ

みたいな。

 

IMG_4726

セロリばかりのときもあれば…

IMG_4733

サニーレタス大好きのときもあれば…

IMG_0327

にんじんラブーのときもある。

 

しかもにんじんも切っただけでOKのときもあるけど、すりおろさないとだめなときもあったりね。

ほんと食べれなくなると小動物は弱る一方だと思うので、小さいうちに食べられるものを増やしてあげるってことは何派で育てる(わら、ペレット、野菜)以上に
大切なことなんじゃないかなと私自身は思っています。

 

あ、そうそう。
ハッピーが今回調子悪くなって「やっぱり野菜しか受け付けないとすれば、ペレットだめならわらも食べれたほうがいい」…と病院で言われたこともあり今更ですがわらのサンプルを再び手に入れて試してみましたよ。

 

昔はいろいろ試してたんですが、あまりにわらを食べてくれないので挫折して中断したままでした。ウサギ用わらではメインのチモシーだけじゃなく、それ以外のいろいろも買ってみました。

 

IMG_0248

IMG_0247

IMG_0254

 

でね、試したんだけど…やっぱりそんな食べないですね^^;;;。
あげくの果てにはわらの上に寝てる始末…。

ともとも
それ食べ物だから…( ̄▽ ̄)

突っ込みながら細々と続けてるところです(笑)。

 

なにはともあれ、今年の11月で7歳になるハッピー。できる範囲にはなりますがなるべくいい形で過ごせるようにしていけたらと思います。

-うさぎ

Copyright© 今日、なにしよう? , 2019 All Rights Reserved.